お菓子を焼くハーバリストの 魔女とラッパ吹きの教室 instagram Facebookページ Twitterページ お問い合わせ

夏のハーブとアロマのマイセラピー|アロマで手作り日焼け止めクリーム編

2016年07月25日

ハーブとアロマを楽しむ企画「ハーブとアロマのマイセラピー」夏編。
アロマで作る安心手作り日焼け止めクリーム、飾って楽しく使って嬉しい月桂樹のワイヤークラフト作りをお楽しみ頂きました。


第一部のアロマクラフトは自分で作る日焼け止めクリームです。
日焼けのメカニズムとスキンケアについて、MoriNoteちふみ先生がわかりやすく解説してくれました。今回は私も生徒の一人として参加しています。

→ 月桂樹のワイヤークラフト編

 


相模原市淵野辺アロマテラピー教室 MoriNot(モリノオト)
 

太陽光に含まれる紫外線
・日焼けのUVA、色素沈着のUVB

日焼け止め数値のSPFとPA
・メラニンを活性化するUVAを防ぐ指針としてのSPF
・真皮層へ届きコラーゲンを破壊するUVAを防ぐ目安のPA

日焼け止めクリームの容器に書いてありますね、SPF◯◯、PA+。
数字が大きいと日焼けを防ぐ力が高そうに思いますが、
日常生活用、スポーツ用などどいった具合いに目的に適した数値というのがあって、どうやら高ければいいという訳ではないようです。

 


シアバターを測ります


紫外線拡散剤を入れました

日に焼けて皮が剥けるのはUVA、シミ・シワの原因となるのがUVB。
いままで見方がよく分からなかったけど理由を知ってなるほど!と思いました。

 


好みの精油を加えてよく混ぜます


とろみがついて十分混ざったら容器に入れて完成

日焼け止めクリームも古くなると酸化していき、酸化したものは体を錆びつかせ、細胞の老化を招くことになります。
身体に摂り入れるもの、吸収されるものは少量作って使い切るのが大事。
活性酸素とならないためのコーティング剤の成分にも注意を向けて、ケミカルでなくアミノ酸のものを選びたいですね。手作りの安心感ってそういうことだと思いました。

 

アロマとハーブを楽しみながら一緒に学べる
「ハーブとアロマのマイセラピー」

次回は2016年10月に開催いたします。
MoriNoteで皆さまのお出でをお待ちしております。

 

 

『コラボ企画・イベント出店』 記事一覧

 

** イベント出店・出張講座・ 各種コンテンツ **
美味しくて楽しいハーブの教室。随時開催しております。
お気軽にご相談ください。

皆さまのご参加を心よりお待ち申しております。
お申込みはこちらへどうぞ