お菓子を焼くハーバリストの 魔女とラッパ吹きの教室 instagram Facebookページ Twitterページ お問い合わせ

美味しいハーブティーを淹れるいくつかのポイント

2016年02月01日

ハーブティーを美味しくお飲み頂くためにはいくつかのポイントがあります

茶漉し画像

①ティーポットまたは茶漉しつきのカップにハーブを入れます。

②沸騰して一呼吸おいたお湯をゆっくり注ぎます。
くれぐれも熱湯にはご注意ください。

③蓋をして蒸します。
せっかくの香りが逃げないよう、蓋をして3~5分。
ポットをゆっくり回して茶漉しを通してお飲みください。

 

◎お湯の量
ティーポット1杯分 小さじ2~3杯
ティーカップ1杯分 小さじ1杯程度
お好みで量を調節してください。

◎抽出時間の目安
柔らかいもの(花のハーブ)………2分ほど
葉のハーブ……………………………3分ほど
固いもの(実・根等のハーブ)……4~5分ほど

 

ハーブティーを淹れる時に肝心なのはお湯の温度(90~97℃)です。
湯温が低いと有効成分の抽出が進まず、味もよく出ません。
蓋をして蒸すことによってハーブの芳香・揮発成分をしっかり閉じ込めることができ、いっそう美味しくなります。

 

 

安心してハーブをお使いになるために ( 禁 忌 )
『ハーブの話』 記事一覧

 

** イベント出店・出張講座・ 各種コンテンツ **
美味しくて楽しいハーブの教室。随時開催しております。
お気軽にご相談ください。

皆さまのご参加を心よりお待ち申しております。
お申込みはこちらへどうぞ